メロディー・ハウス プロフィール  



1992年、さいたま市内の公民館祭りにおいて、《音楽劇 “トラップ一家物語” 構成:高柳さくら》 に、歌の好きな地域の子どもたちが35名参加。
この集まりが中心となり、高柳さくら先生の、地域の子どもたちがたくさん集まって、からだじゅうで音楽を楽しむ文化を作り育てたい という主旨の基に、同年10月子どもの表現による音楽劇団として創設されました。以来、地元の大人たちのサポートにより、元気に活動。
歌(音楽)・踊り・芝居の各専門講師による指導を受けながら、ミュージカルをはじめ、子どもの表現による舞台芸術作品を創作。これまでに19のミュージカル作品を、オリジナル音楽作品とともに発表公演しています。
また、行政との協働事業や、自主的な企画で 子どもの声とからだの表現ワークショップを開催し、多くの子どもたちの芸術的表現体験の場作りに、積極的に取り組んでいます。












国立音楽大学 教育音楽学科卒業。
大学在学中より子どもと音楽についての興味関心が強く、卒業単位レポートのテーマは [子どもが歌う“子どもの好きな歌”]。子どもが歌う歌をめぐって調査研究し、本当の意味での子どもにとって楽しい、優れた作品について考察している。又その中で、自らの将来的な夢として、児童合唱団創設計画を語っている。
卒業後、小学校の音楽専科教員として教育現場を経験。短い期間におよそ二千人の子どもたちと直接的に触れ合い音楽を楽しみ、教育的な実践力を身につける。その後、子育てと並行して地域の音楽文化振興に力を注ぐ

1986年 女声合唱団 ママ・ローゼ創設。常任指揮者に就任
1992年 子どもミュージカル メロディー・ハウス創設。主宰
 以後この2団体での活動を基点に、音楽的な視点から幅広く芸術文化活動を展開
2002年 聖徳大学のインターネット講座<高柳さくらの子どもミュージカル>開講

天真爛漫、天衣無縫。そして人を惹きつける大きなエネルギーの持ち主で、その周りにはいつも才能あふれる人材が集まり力強くサポートしている。


ホームへ戻る 公演予定 これまでの公演 お便り 団員募集 先生方 Link
Copyright Melody-House (SAKURA TAKAYANAGI),All rights reserved.  無断転載・転用を禁じます。